« プールは長いほうがいい ~ リーガロイヤル東京 | トップページ | 昔の宿泊記 : 東京全日空ホテル (普通階) »

2006年7月18日 (火)

洗い場バス の元祖って? ~ 帝国ホテル東京

とある思いつきで、帝国ホテル東京 のプランを見ていたのですが、不思議な記述。

「当社が1996年に帝国ホテル大阪 のために独自に開発した、シャワーエリア(洗い場)にバスタブを設けた一体型バスルームです」(一休.comより引用)。

実はまだ、このホテル、泊まってないのですが、帝国ホテル東京 インペリアルフロアの設備の記述です。

ちなみに、東京(笑)ですが、洗い場形式バスルームは、私の記憶する限りで恐縮ですが、1996年に開業したホテルの1つ、ホテル日航東京 で同様のルームを見ています。泊まったのは1996年よりずっと先ですが(笑)。

そのちょっと前ですと、シャワーブース全盛の時代でしょうか。パークハイアット東京 ウエスティンホテル東京 フォーシーズンズホテル椿山荘東京 の新御三家に象徴されるように、外資系がどんどん進出してきたころです。その数年後、2000年を超えてからは、セルリアンタワー東急ホテル グランドハイアット東京 のように、洗い場バスルームが主流になりつつあります。

そうすると、帝国ホテル東京 の記述はすこしずれている??特許があれば別なのでしょうけど。

ちなみに、帝国ホテル東京 のインペリアルフロア、いわゆるエグゼクティブフロアとは一線を画し、どちらかといえばホテル西洋銀座 に近いコンセプトのようです。そういう根拠として、「アテンダントサービス」が挙げられます。滞在中の身の回りの世話をする、バトラーですね。

エグゼクティブフロアとなると、専用ラウンジ朝食とお酒とお茶とスナック食べさせていればいいやなどと思うと、本来の客でなく、観光客が集まってしまいます。それでもいいといえばいいのですが、ホテルの機能を考えると、こういうバトラーがいろいろやってくれるホテルのほうがいいですよね。エグゼクティブフロアでは、専用ラウンジでしかコーヒーなどが飲めない(部屋で飲む際は通常のルームサービス or 備え付けを自分で入れる)場合が多いですが、バトラー形式ですと、その辺も無料でサービスされますので(帝国ホテル東京 は未確認ですが、それぐらいはとは思います)、部屋に篭って仕事をしなければならない場合でもくつろぎながらできそうです。まあ、知人と打ち合わせを行う際はラウンジ、部屋で篭りたい場合はバトラー形式と、使い分けられればいいのですが。ちなみに、帝国ホテル東京 は、会員専用ラウンジがあったと記憶しているので、会員さんであればそれも可能でしょうね。

---

[PR]

名作デザイナーズ家具をお求めやすい価格でご提供致します。

|

« プールは長いほうがいい ~ リーガロイヤル東京 | トップページ | 昔の宿泊記 : 東京全日空ホテル (普通階) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83249/10997041

この記事へのトラックバック一覧です: 洗い場バス の元祖って? ~ 帝国ホテル東京 :

« プールは長いほうがいい ~ リーガロイヤル東京 | トップページ | 昔の宿泊記 : 東京全日空ホテル (普通階) »