« 2006年9月1日 | トップページ | 2006年9月8日 »

2006年9月 3日 (日)

新エグゼクティブフロア : ヒルトン東京 (1)

数週間前にサービスを再開させた、ヒルトン東京のエグゼクティブフロアに宿泊してきました。

土曜日に久しぶりに自宅でゆっくりしようと思ったのですが、どうやら当日にお得なレートが出ていまして、見事に惹かれてしまいました(笑)。もっとも、このエグゼクティブフロアには、5月にHHonorsのSilverにランクが落ちてから一度も泊まってなかったので(同時に改装がスタートし、変則的運用となったためラウンジでゆっくりということができなくなった)、しばらくはコンラッド東京を中心に泊まりを行いました。一回だけ普通階で泊まったのですが(以前あった「レイトチェックインプラン」)、安いけど高速インターネットは無料ではないので結局その安さは吹っ飛びます。

ヒルトン東京 エグゼクティブフロア エグゼクティブラウンジ

結論から言えば、部屋もラウンジもそのまま長居してしまうのではないかと思うぐらい快適になりました。部屋は、ここ近年の外資系ホテル進出で、30平米の標準部屋は狭すぎという意見も多かったと思いますが、少なくとも、その意見は消えていく方向にあるのを暗示できるような間取りの工夫がありました。

Dvc00159

デスクもチェアもあまりにも快適で、そのまま居つきたくなるぐらい。正直言えば、トリートメント施設と20mプールがこのホテルにあれば、私はコンラッド東京には行きません(笑)。よく頑張りましたという感じです。

部屋数自体も、これまでの34~38階に加え、32、33階が加わり、余裕がでてきてます。ただし、エレベータから、「デラックスフロア」のDvc00157表示は一時的に消えてます。この辺どうするかはまだ聞いてません。

ラウンジも、これまで部屋だったところをつぶして、多分、日本国内で最大級のラウンジの広さになったと思います。隣のセンチュリーハイアット東京よりは大きくなりました。一時、地方に負けてた感がある特別階ラウンジですが、ようやく東京が追いついてきました。

カクテルアワーが2時間になり、センチュリーハイアット東京と同じになりました。これまで、食べ物はバラエティに富んでいるのに、時間が短いため、場合によっては利用できないことがあったので、この時間変更はうれしいです。

座るチェアも快適になってます。テーブルも使いやすいものに。

---

[PR]

関連の質問(はてな)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年9月1日 | トップページ | 2006年9月8日 »