« 中心から遠いのが魅力 : ハイアットリージェンシーオーサカ | トップページ | 最近の広島のシティホテル傾向(2006年10月) »

2006年9月29日 (金)

あの手この手で頑張ってますが、ビジネス用途では出遅れ? : ホテル日航東京

ホテル日航東京(JTB)(一休) 、2回ほど宿泊したことがありますが、両方ともあまりゆっくりした滞在ではなかったので、スパ「然」もじっくり楽しむには至ってません。なんせ夕方チェックインして、閉館1時間前に急いで向かうような形でしたので。まだ、お台場のホテルが強かった頃の話ではあります。

一時期、JALホテルズはホテルグランパシフィックメリディアン(JTB)(一休) などのル・メリディアンホテルズと提携関係にありましたが、ル・メリディアンがスターウッド陣に加わったのを機に提携は解消しているようです。よって、お台場の象徴である2つのホテルは、今はチェーンとしての提携はないと考えています。

久しぶりにチェックしましたら、いくつか気になるところが。

  • 高速インターネットが利用できる部屋が、全体の4割弱しかないこと
  • ルームサービスが相変わらず24時間でない

特に前者は、メリディアンの対応を考えると、致命的では?? 別にビジネスでなくたって、ノートパソコンぐらい使うのでは.. このホテルが特別扱いされる理由はありませんので、早めに対応してもらいたいものです。お台場はかなりビジネスユースもあるはずですから。いっそ、無線LAN対応が望ましい。 問題点ばかり扱うのも不公平ですので、

良い点としては、DVDプレーヤーの部屋への貸し出しが無料になっている点です。在庫が限りがあるのはどのホテルも同じ。航空会社系ホテルはなぜかDVDプレーヤー貸し出しは無料ですね。東京全日空ホテル(JTB)(一休) 然り。

最近は、このホテルの優雅な景色を思う存分に味わってもらおうとしているのか、24時間以上のステイを保証するプラン、「然」がチェックイン前、チェックアウト後でも利用できるプランがありますね。

24時間ステイも、チェックインを早くしたり、逆にレイトチェックアウトを可能にしたりと、種類に富んでいます。ホテルの特性を生かしてプランを作るところは評価できると思います。

やはり、レジャー客を優遇(?)するのでしょうね。確かに、このホテルは、1名では泊まりづらい。

|

« 中心から遠いのが魅力 : ハイアットリージェンシーオーサカ | トップページ | 最近の広島のシティホテル傾向(2006年10月) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83249/12085028

この記事へのトラックバック一覧です: あの手この手で頑張ってますが、ビジネス用途では出遅れ? : ホテル日航東京:

« 中心から遠いのが魅力 : ハイアットリージェンシーオーサカ | トップページ | 最近の広島のシティホテル傾向(2006年10月) »