« 2006年12月7日 | トップページ | 2006年12月19日 »

2006年12月10日 (日)

宿泊(06/12月) : グランドハイアット東京

グランドハイアット東京(JTB)(一休) に3ヶ月ぶりに泊まってきました。

大きく変わったのは次と認識しています(自分が利用しない施設はさすがにわかりませんが)。

  • グランドクラブラウンジの営業終了時間が22時から21時に変更(10月から)
  • グランドクラブのカクテルアワーにスープが登場し、コールド基本から見直された
  • 客室の冷蔵庫からアルコール(シャンパン、白ワイン)が消え、梅酒が追加、ミニバーに冷やさないミネラルウオーターが追加

と、客室やグランドクラブ重視の方には相当変更があります。

冷蔵庫の酒類変更は、売れなくて在庫を占領しているものを整理という意味ではよいことかもしれません。お酒は大概はお気に入りのお酒を持参してホテルの設備で飲むまで保管したり、もしくはホテルのレストランやルームサービスで注文するでしょうから、実はあまり需要はないのでしょう。むしろ、こっそり飲める梅酒のほうが需要ありでしょうね。

グランドクラブラウンジが21時になったのは少々問題かも。グランドハイアット福岡(JTB)(一休) は同じ10月から、逆に22時までに変更になっているので、これは??ですね。もっとも、グランドハイアット福岡は10月から値上げもしているわけですが...一応、ホテル側の言い訳としては、「カクテルアワーが終わると、利用者がほとんどいなくなるため」とのことですが、それはどのホテルのエグゼクティブラウンジでも見られる傾向ですね。要は、利用する側がまだ物珍しさが大きいためであると推測します。しばらくは成熟しないでしょう。

私は、ナイトキャップというほどではないにせよ、終了時間付近にラウンジにて紅茶を飲みますので、少し早くなることは少々残念です。

グランドハイアット福岡も10月からカクテルアワーにウオームフードを導入しましたが、これはハイアットインターナショナルの内部での仕様変更も絡んでいるのかと思います。こちらはまだスープのみですが、そのうち、ウオームフードも出てくるかもしれません。

ご参考まで。

注:画像は「一休.com」からの引用です。

---

[PR]

ANAカレンダー「卓上カレンダーセット」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月7日 | トップページ | 2006年12月19日 »