« 2006年12月19日 | トップページ | 2007年4月1日 »

2006年12月30日 (土)

名古屋で一番ゆっくりできる高級ホテル? : ウエスティンナゴヤキャッスル

名古屋の高級シティホテルも、名古屋マリオットアソシアホテル(JTB)(一休) の出現以降、進出の話は最近なく、少々さびしい限りです。

外資系ホテルの中で、一番静かで、ゆっくり滞在を楽しめそうなのは、ウエスティンナゴヤキャッスル(JTB)(一休) だと思います。

最寄り駅からもっとも遠く(地下鉄鶴舞線浅間町駅から10分程度)、なかなか市内に行きにくいというのがその理由です(タクシーを頻繁に使う方、自家用車などは別)。

中でもお得なのが、エグゼクティブフロアだと思います。名古屋の外資系ホテルでエグゼクティブフロアを持つ、ヒルトン名古屋(JTB)(一休) 名古屋マリオットアソシアホテル(JTB)(一休) と比べて比較的安く、街側の部屋の一部を除いてはシャワーブース式になっています。そして、

  • 部屋の冷蔵庫のミネラルウオーター2本無料(マリオットアソシアも同様)
  • 朝食はエグゼクティブラウンジの他、希望により「西の丸」の和朝食も選択できる
  • チェックアウトが15時まで延長可能(状況による)

と、他ホテルにはない結構特徴的なサービスが付帯しています。

エグゼクティブフロア宿泊者が無料で利用できるフィットネスクラブは、プールが25m、ウエットエリアも広く、結構快適ではあります。ただ、特にプールでの古さは否めませんが...

ホテルでゆっくりしたいニーズに結構フィットするホテルだと思っています。

ご参考まで。

注:画像は「一休.com」からの引用です。

---

[PR]

オンリーワンフィギュア〈ANAバージョン〉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月19日 | トップページ | 2007年4月1日 »