« 2006年12月30日 | トップページ | 2007年5月3日 »

2007年4月 1日 (日)

週間ダイヤモンド「ザ・リッツ・カールトン東京」特集?

3/31版の週間ダイヤモンドに、「リッツカールトンのおもてなし」という特集で、リッツカールトンホテルの感動を与えるサービスについての詳細(言うまでもなく「クレド」でが中心)や、クレドを応用している各サービス業の例などが記載されています。

この記事も言うまでもなく、ザ・リッツ・カールトン東京(JTB)(一休) の宣伝記事みたいなもんかもしれませんが、サービス業には多かれ少なかれこのホテルチェーンのメソッドはなんらかの役には立つかもしれませんので、ご一読をお勧めします。

本来なら運営委託で契約するところを、三井不動産から賃貸借契約を結ぶなど、ポリシーを曲げてでも東京に進出したかった意気込みが感じられます。でも、高級ホテルブームが終わったとき、どうするのでしょうね。要はホテルの経営責任も負っているわけですから。

グランドハイアット東京(JTB)(一休) の開業記念価格の2倍の価格を開業記念価格にするなど、相当敷居を高くしていますが、グランドハイアット東京、コンラッド東京(JTB)(一休) も負けずにラックレートを上げています。コンラッド東京の上げ方は尋常ではなく、これに見合うサービスが提供されているかは不明です。

ということで、超高級ホテルの台頭で、ますます敷居が高くなるのを非常に心配しています。再来年ぐらいには落ち着いてくれるのでしょうか...

注:画像は「一休.com」からの引用です。

---

[PR]

お財布.com

(参考) 旅行情報ナビ リッツカールトン東京の口コミ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2006年12月30日 | トップページ | 2007年5月3日 »