« 2007年6月4日 | トップページ | 2007年6月27日 »

2007年6月24日 (日)

冷蔵庫の大変革(宿泊記) : パークハイアット東京

しばらくぶりにパークハイアット東京(JTB)(一休) へ宿泊。

私は7年ぐらい前から泊まり始めましたが、そのころからこのホテルの冷蔵庫は見るのが楽しみでした。とある人曰く、「東京で一番冷蔵庫の中身が豊富なホテル」と。
日本酒の変更やソーダ水の入れ替え、ペリエの大きさの変更、ジュース類のブランド変更など細かい変更は重ねてきましたが、今回の変更ほど大きくはなかったのですが。。。
写真を見ていただけるとお分かりだと思いますが、

Dvc00287_2 

  • 本体が3段から2段になった
  • 本体は上段にビールなど、下段はミネラルウオーター(ガス・ノンガス)と、1Fのデリカテッセンで販売されているジュース
  • 扉の上段にはウオッカ、ジン系のミニボトル
  • 扉の下段にはシャンパンが1銘柄追加

と、大きく変更となりました。

中でも、追加された銘柄のシャンパン、ビルカール サルモン ロゼ は、お値段8000円と強気で来ましたね。もっとも、これは意外とボッてないという話も。むしろ、昔は4000円台で提供していたルイ・ロドレールが5000円台のほうが...という人も多いかもしれません。

まあ、これでも、他のホテルよりはまだましなのですがね。

このホテルのプールはそろそろ込み始めますね。

ご参考まで。

注:画像は「一休.com」及び「楽天」からの引用です。

---

[PR]

(準備中)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月4日 | トップページ | 2007年6月27日 »