« 2009年7月3日 | トップページ

2011年4月24日 (日)

ようやく泊まりました(マンダリンオリエンタル東京)

昨年秋ですが、ようやく、マンダリンオリエンタル東京(JTB)一休に泊まりました。一休.comさんがありがたいプランを出していらっしゃったので。

土曜日だったのですが、早めに38階のチェックインデスク。14時ぐらいでしたが問題なく対応してくれました。客層はご婦人達の組か家族が多いかな。ロビーから見えた、多分「センス」のティーコーナーからは、若いカップルもちらほらと。

どうも男性スタッフの振る舞いがスノップすぎて気持ち悪かったですね。でも、意外に、いわゆるラグジュアリーホテル(日本のです)で、男性がきちんと対応しているホテルは少ないです。

プランからしたホテル内の優先順位は、これからヒートアップする東京スカイツリー側のアサイン(36階)のようでしたが、「アップグレード」と称して、31階の新宿側ビューになりました。個人的には、こちらが好きです。部屋はプレミア・デラックス。しかし、50平米もあるわりには下手な部屋作りです。ホームページや一休にある写真からくるイメージをした私も悪いのかもしれませんが。。。他の高級シティホテルと大差ありません。贅沢感は感じられない。

デスクの電話機ですが、CiscoのIPフォンではありましたが、タッチスクリーン形式で、ビジュアルなホテル案内も出せるし、なによりウエルカムメッセージはこの画面に出てました。ワンタッチでサービスエクスプレス(スターサービス?でしたっけ?名前忘れました)により、ルームサービスなど部屋でのリクエストは集中して受付になるのですが、簡単に呼び出せます。

到着してすぐ、ルームサービスでクラブサンドウイッチを注文。初めてこのホテルの味を確かめました。量、質ともに手を抜いていないのが感じられました。

バスは意外に狭く、やはり楕円形は少し大きな大人だと入りづらい印象でした。シンク側のブラインドを水平にしても外は見えないので、ビューバスっぽくなるというのは事実上嘘です。あと使いづらいのがシャワーブース。一瞬、洗い場っぽくて面白そうですが、座れるスペースは冷たいし、カーテンがないのでいわゆるドライエリアにも水は入ってきますし、相当うまく使う必要がありますね。連れも困惑してましたね。まあ、夜の景色は気に入ってましたようですが。

夕食は、コレド室町がそばにありますが、できたばかりでしたので、興味もあってそちらに。ホテルでも名前ほどは高くない印象でしたが、食べたいものがなかったのもあります。

部屋に戻ると、ターンダウンが済んでいて、すでに皆さんご存じの通りかもしれませんが、小さな瓶のアロマオイルが。今回はレモングラスでした。これのおかげでしょうか、若干調子が悪かったこともあるのですが、結構ぐっすり眠れました。

朝食。今回のプランは朝食付きでしたので、「ケシキ」でビュッフェ。部屋番号でプラン権利の利用をマッチングさせるシステムはある意味では券を持たなくてもよい分素敵、ある意味では融通利かない。 最近は、パークハイアット東京が採用してしまいました。。。有名なエッグベネディクト、この料理自体が好きなのであまり文句はないのですが、そんなに驚くようなものではありませんでした。ただ、ビュッフェの品数は確かに圧倒されます。和洋中うまく揃っている。スイーツやドリンクまで。この辺はさすがといわざるを得ない。知り合いに豚がだめな方がいるのですが、そういう方がソーセージを食べたい場合に、チキンのソーセージを用意しているビュッフェもあまりないと記憶しているので、このように特定の食材がだめでも何か別のもので満たされるというのは大きい。

他のレストランで食べられてないのでわかりませんが、端だけみても、レストランは良いレベルにあると想像。あと、寝るということについての気配りが見受けられる。しかし、部屋で時間を過ごすことを考える場合、予算があってスイートに泊まれるのであればまだしも、そうでなければ、数ある名所を訪ねられてその拠点にするか、もしくはビジネスの拠点がふさわしいかなと思いました。部屋で時間を過ごすには少し構成が悪すぎる。

1Fのショップですが、お土産やスイーツの置き方が上品ですね。あまり生に走ってない(要はホテイチライクではない)のも好感。私は、名刺入れが売ってありましたので購入しました。

ご参考まで。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年7月3日 | トップページ